「セルライトの原因」

男性よりも女性に多いと言われるセルライト。

このセルライトが出来る原因としてはいろいろとあるようですが、その中で大きな
原因としてあげられるのが、
・女性ホルモンによる影響
・急に運動をやめてしまった、あるいはダイエット後のリバウンド、などで太ってしまった

ことがきっかけとなり、脂肪細胞組織部分の毛細血管の循環に障害が起きてしまった
ことがあげられます。

太る、つまり脂肪細胞が肥大化してしまったことが原因で、毛細血管の血管の壁が
もろくなって血漿がにじみ出てしまい、水たまりのようになって(これをエデマと呼ん
でいます)しまいます。
そして、このエデマが組織をとり囲んでいるコラーゲン腺維を破壊し始めるのです。

初期レベルのセルライトを見極めるのはなかなか難しく気付かないものですが、
むくみや冷え性といった症状が現れ始めたら。セルライト初期段階を疑ったほうが
良いかもしれません。

もっと詳しいセルライトの情報や、セルライトに対する対処方法については、こちらをご覧ください。

 

銀座カラーの口コミ

 

014s

クレジットカードってとても便利!

033332

最近では、現金をあまり持ち歩かなくなりました。
クレジットカードで支払いをしたり、あるいはスイカ等のカード、携帯電話を利用した支払いなど。
コンビニやレストラン等では、こういったものを使用して支払いを済ませてしまう。
大変便利になりました。
おかげで私も大金は持ち歩かなくなりましたね。持ち歩くのは、万が一のためのちょっとしたお金だけ。

でも、持っててとても便利なのは、やはりクレジットカードではないでしょうか。
人それぞれですので、一概に言えませんが、私の場合はクレジットカードです。

クレジットカードなら、日本全国殆どで使えます。海外旅行や出張へ行った場合も使えるものもあります。
何と言っても、この一枚のカードで支払いが出来てしまうということと、最近ではポイントが貯まりますから、そのポイントで色々なものを買ったり。

しかも毎月決まって引き落とされる電気・ガス・水道・携帯代等をカード引き落としにしておくと、自然とポイントも貯まっていくし。
支払回数を複数回にしたり、リボルディング払いにすると、その分手数料が発生しますが、通常の支払いであれば手数料も取られることはないので、大変便利です。

現金を使用してもクレジットカードを利用しても、支払う金額は同じです。
それだったら、出来るだけ大金を持ち歩かずに支払いができるクレジットカードってとても便利です。
しかも、ポイント還元があるので、そのポイントを有効活用すれば、もうクレジットカードを利用しない手はないです。。
お買い物をするならクレジットカードを使いましょう。

リクルートのクレジットカードって何?

コスプレ衣装

コスプレとは、以前はアニメやゲームに登場する人物やキャラクターになりきる行為をさしていました。

このコスプレとは、コスチューム・プレイヤーを省略した和製英語ですが、そのまま海外でも通用する言葉となっています。
今では市場でもそのような衣装が販売され、多くのファンの間で人気を博しています。

そして各ジャンルの愛好家等が集まって各種イベントを開催したり、ビジュアル系のバンドのライブ会場などでは、その衣装を着て盛り上がりを見せています。

最近では、セーラー服や看護師といった特定の衣装や制服をまねて作った服や通販等で販売されている衣装を着て、そのキャラクターになりきるといったこともコスプレと呼んでいるようです。

一 昔前は、コスプレ衣装を自作し自らが着て楽しむという方法が一般的だったようですが、コスプレ愛好家の層が拡大するに従い、自分では作れない、作る時間が 無いといった層が増えてきたこと、また、衣装自体の複雑さや豪華さが増し、最近の衣装は自作できる範囲を超えてきているということもあり、コスプレ衣装を 専門に制作するお店(コスプレショップ)も多く現われるようになってきました。

このコスプレショップの中には、既製品をそのまま販売しているお店のほか、既製品にないもの、自分の体形に合ったものがない衣装等については、オーダーメードで制作を受けるところもあるようです。

もうすぐハロウィン、ハロウィンに向けコスプレ衣装を身に付け、このハロウィンを楽しむ方も増えてきているようですね。

シニア層の車との関わり

carpic003

シニア層の車との関わり

今の世の中で、いちばん活気あふれているのはシニア世代ではないでしょうか。

そろそろ定年を迎える55歳~65歳ころの人たちを、『アクティブシニア』と定義付けられていますよね。
それまで仕事一筋で何十年。家庭を顧みる時間もなければ、趣味も持てなかった人もたくさんいることでしょう。だからこそ、これからの人生を自分のやりたい こと、趣味などを楽しみながらアクティブに生きたい、失った時間を取り戻したい…と思っている人も多いのではないでしょうか。

なんせ、お金と時間のあるシニアの方々です。まず退職金という大きな臨時収入があるので、今までは生活に追われて目を向けれなかった高額なものに対しての物欲というものがが湧いてくるはずです。
夫婦水入らずで楽しめる旅行もそうでしょうし、保健の加入や見直しをする人もいるでしょう。子供の独立を機に、或いは二世帯住居への建て替えやリフォームをする人も、この世代に多くなりますよね。

また、この世代の人たちは、車の楽しさを知っていて車へのこだわりがある人たちですから、車あっての生活を前提として考えています。
例えば、車で行く日帰り旅行や車で行く国内旅行を計画するのもこの世代に多い傾向だそうです。若年層の人たちとは違って、経済的にも時間的にもゆとりがあるので、車のある生活に満足感を得られているのではないでしょうか。

それは、車の志向にも現れていています。
今まで乗りたくても乗れなかったスポーツカーで冒険したいと強く望む反面、やはり旅行やレジャー、日常の足として使い勝手がよく実用性の高い車、耐久性が あり長く乗れる車、乗っていて疲れない車というポイントで購入される人が多く、これまでのセダンタイプからワゴンやRV系の車へ移行する人も結構あるそう です。

しかし、今後の運転に不安を持っている人も少なくないようです。身体機能や思考能力の低下、視力の低下などが事故に繋がることを心配 されていると思いますが、若い世代とは違ってシニア世代の人たちには安全運転のスキルが身に付いていますし、今の車は様々な安全機能や衝突回避機能も備 わっています。だから安心してこれからのカーライフを思う存分楽しんでもらいたいと思います。

 

中々出会いの場が無い職業

kiji_032

先程TVを観ていらた、婚活に関する興味深い特集をやっていたので、簡単にご紹介します。

男性の職業によっては、その職業に就くことによって、女性との出会いが全く期待できないものというのがあります。

その最たるものが、海上自衛官。
身体を張って国を守ってくれる大変な職業で、本当にお疲れ様ですと脱帽したくなる方々なのですが、残念ながら、女性と出会うチャンスが全くといって無いようです。
一度船に乗ると半年間は帰ってこれないとのことですので、本当に大変です。

そこで、若い独身自衛官のために企画されているのが、結婚相手を探すための婚活パーティー。
もう、10年以上も実施されているのだとか。

TVの中で出てくる主人公は、二人。25歳の方と31歳の方。
25歳の方は、未だ女性とのお付き合いの経験がない、31歳の方は別れたばっかりという状況。

一方の女性の方は、具体的な数字は忘れましたが、結構高い競争率の中から抽選で選ばれた方々でした。

自己紹介タイム、フリートークタイムとそのパーティーは進行していくのですが、最後にはカップル誕生の発表の場面が・・・
そして、25歳の方の方はめでたくカップル誕生、一方の31歳の方の方は残念ながら不成立。

25歳の方の場合、まずはお友達からお付き合いを始めていくとのコメントがありましたが、是非、幸せになって欲しいと思いましたね。

海上自衛官という職業以外にも、職業柄、中々異性と出会うチャンスがないという方も多いようですが、組織なり自治体なりが全面バックアップして、是非、このような出会いの場を企画してあげてほしいと思います。

ネット婚活のブライダルネット

 

借金ブログ

最近訳があって(といっても借金をした訳ではありません)、借金に関する記事を検索していたら、結構借金返済やこれから借金を返済していくぞみたいなブログがあるのに驚かされます。

自分は、借金に関する記事を書きたかったので、色々な借金に関する専門用語や法律、返済の仕方などを調べるつもりだったのですが、時々出てくる上記の借金ブログを読んでいると、凄く大変だなと改めて思いました。

借金を返済中の人、借金を返済してしまった人、自己破産してしまった人、そしてその後の状況について報告をしている人。

では、どんな人がこのブログを読むのだろうと考えると、やはり自分も借金を抱えていて、どのように返済していけばいいのかを模索している人が中心なのでしょうね。

今では、テレビのコマーシャルにもあるように、過払い金の請求は司法書士や弁護士の事務所に相談すると早くて安心、そして確実といった内容が放送されていますが、このような体験談も探しているのでしょうね。

お 金が無くて苦しんでいるのに、弁護士や司法書士に相談すると、また高額のお金を取られるのではないかと一人で悩んでいて、色々な人の体験談を探して読んで みて、本当に初期費用ゼロで、成功報酬なのだろうかとちょっと悩んでいる人や、体験談を読んで勇気づけられて、何とか返済を続けていこうと勇気をもらった 人など、色々な方が読むのでしょうね。

とは言っても、借金はしないにこしたことがないので、日頃から注意しておくことが大切です。

 

 

借金時計

syakkin001

 

借金時計というのをご存知ですか?

こ の借金時計は、以前財務省がホームページで国及び地方自治体の債務残高を公開していたもので、あまりにもアクセスが殺到してしまったためにわずか2時間半 でこの借金時計の掲載を停止してしまったという経緯があります。そのホームページでは、当時、借金が1秒間に190,000円も増え続けていく様子を見る ことが出来たらしいのです。

今ではいろいろな借金時計があるようです。
借金時計を掲載しているサイトを探してみると、国の借金だけでなく、都道府県の借金時計もあるようです。他にも国全体の借金を国民一人当たりに換算しているサイトもあり、その当時、1人当たりの借金が700万円以上にもなっていたので、びっくりしました。

この借金時計に対する反応も色々あるようです。
特にリーマンショック後不景気になり景気対策として公共投資等を求める声が高まって来た時には、借金時計なんてやめてしまえという声が多かったという声をききました。

つい先日の新聞やTVの報道では、国の借金の総額がついに1000兆円を超えてしまったのだとか。
1000兆円ときいてもピンときませんが、他の先進国の間ではありえない数字。

どんどん膨らむ一方のこの借金は、返済のめどすらたっていないようですし、そのまま放っておくと子孫に付けまわされてしまいます。

一歩間違えば、日本が破たんする日も近いという報道もされていて、怖くなってしまいます。

興味がある人も多いと思いますが、色々なサイトでこの借金時計が掲載されていますので、時間がるときにでもチェックしてみてはいかがでしょうか。

借金解決の方法:特定調停

 

消費税UPが結婚を後押し

kiji_029

先日、テレビのニュースを観ていたら、「消費税UPが結婚を後押ししている!?」というニューズが紹介されていました。

4/1より消費税がUPとなり、まさに今は、消費税が上がる前に必要なものを買っておこうという「消費税特需」みたいな時期ですが、消費税UPが購買を後押しするのは、特に高額商品が多いですよね。
典型的なものは、家や車がありますが、3%といえども、これらの商品は3%の違いでもかなりの金額が違ってきます。

では、なぜ、掲題のようなことがニューズで紹介されるのか?

実は、「婚約指輪」なんですね。相場は年収によっても違ってきますが、数十万円はします。中には、100万円というかたもいるかもしれませんね。
ここまで高額になると、3%で3万円違ってきますので、大きいです。

ただ、直近でプロポーズするとか、もう確実に結婚がみえている場合は、購入の前倒しはわかりますが、中には半年後の予定なのに、今購入してしまうという方もいるのだとか。
これって、どうなんでしょう?ちょっと、リスキーのような気がしないでもないですが・・・

ちなみに、結婚相談所も入会すると結構費用がかさむので、前倒しで入会するという人もいるのではないでしょうか。

結婚相談所なら、パートナーエージェント

 

車の燃費

019760

最近の車は燃費が良くなってきていますが・・・

現在、我が家の車は、2年前に購入したホンダのインサイト。
今ではほとんどその名前を耳にすることが無いように思えるのですが、その当時のハイブリッドカーといえば、トヨタのプリウス、ホンダのフィット、そしてこのホンダのインサイト位だったんです。

前の車のエンジンは2.4L近くあって、市街地走行での燃費が6Km/L位しかなく、少なくとも毎月2回はガソリンスタンドのお世話になっていました。このような背景があって、次回は燃費の良い車をと思って、このインサイトを購入したのです。

ハイブリッド車なので、確かに市街地走行でも20Km/L近くまでは走るので、不満は無いのですが、最近の車のエンジン性能を見ていると、結構その性能が向上しているのには驚きです。

トヨタのアクアなんかは、カタログ上の性能は、35Km/Lを超えていますから、驚きです。

と言っていると、昨日、車の燃費に関する記事が出ていました。

燃費性能に踊らされて燃費のいい車を買ったのに、全然燃費が良くないというもの。

計測の条件が異なるので、仕方がないという気もするのですが・・・

 

 

輸入車

carpic008

従来は、コンパクトなハッチバック車をラインアップに持っていなかったプレミアムブランドが、90年台中盤のころからこのカテゴリーに相次いで参入。続々とニューモデルを投入してきました。
この流れは以降も続き、現在では、このカテゴリーは非常に多くの車種が登場してきています。

ボディサイズ:
全幅が拡大して、1700mm越えはあたり前。それに合わせて、全長も大きくなってきています。

パワートレイン:
輸入車では、日本と違ってCVTの採用は少なく、AT、DCT、AMtといった、セミAT車が多いですね。意外なのが、MTが多いこと。

またエンジンに関しては、欧州車全般に小排気量のガソリン直噴ターボエンジン搭載の車種が増えてきたこと。サイズがコンパクトでありながら高性能のエンジンを搭載し、内外装を特別仕様に仕立てるというのが、欧州メーカーの特徴とも言えるでしょう。

燃費:
日本車とは逆で、カタログに記載されている数値がそれ程良くなくても、実走燃費との乖離が小さく、意外と低燃費であるというケースが結構あるようです。

クオリティ:
このカテゴリーの近年の全体的な傾向として、クオリティの向上が目覚ましいということが挙げられます。
ライバル関係にあるお互いの車種が刺激し合って、それぞれを高めあうという良い展開が繰り広げられていて、一昔前の、「輸入車 = クオリティの良くない車」というイメージは徐々に払拭されつつあると言えるでしょう。